14:06

Jenkins 1.537を2.92にアップデートする手順をメモしておく。 なお、動作OSはWindowsである。

  1. Jenkinsサービスを停止
  2. 既存のJenkinsフォルダの内容をバックアップしておく
  3. Jenkinsサービスの再開
  4. Jenkinsの管理-「自動でアップグレード」を行う
  5. Jenkinsサービスを停止
  6. \JREを最新のJREに更新する(今回はC:\Program Files\Java\jre1.8.0_151を使用した)
    Jenkinsサービスを再開してもJavaのクラスがないというエラーが出て起動できない。
  7. Jenkinsサービスの再開
  8. ログインしてJenkinsの管理ページに行く。
    新しいバージョンで起動するはず。またJenkinsの管理ページに行くと警告が出ているはず。
  9. すべてのプラグインのアップデートを行う
  10. Jenkinsを再起動する(サービスを再起動したほうが早い?)
  11. プラグイン関連の警告が出なくなるまでアップデートを行う(9, 10を繰り返す)
  12. ログインしてJenkinsの管理ページに行き、[Disable CLI over Remoting]をクリック。
    後の警告は動作に影響が出るかもしれないので、とりあえず無視。