「ふつうのLinux プログラミング 第2版」のお勉強(1.2)

はじめに

Linux(Unix)について勉強したいと思い、「はじめてのOSコードリーディング」を購入したのですが、内容が理解できず、途中で挫折。そこで、まずプログラムから始めて、なんとなくシステムが理解できるようになってから(気が向けば)、もう一回挑戦しようと思いました。そこで、基本的な事柄を勉強できそうな「ふつうのLinux プログラミング 第2版」を購入しました。
以後、この書籍を使って勉強した内容の備忘録を書いていきます。(途中で挫折する可能性特大です)

Linux環境の作成

Windows 10にVirtualBox + CentOS7.3で環境を構築した。 インターネットにつながらなくて困ったが(例えば、#ping 8.8.8.8 を実行すると Network is unreachableと表示される。) 下記を参考にnmtuiを使って、Automatically connectを[X]にすることで、インターネットにつながるようになった。

CentOS 7 で ネットワーク(IPアドレス、ホスト名、ドメイン名など)の設定を行う | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

gccのインストール

勝手にgccなんかインストールされているものと思って、試しに"$gcc -v"と打ってみるが、"gcc command not found"と出て実行できない。
パスが通っていないのかなあと思って、$which gcc を試してみると、本当にインストールされていないようだった。
下記を参考にインストールした。(バージョンは古いけど、勉強用なのでこれでいいでしょ)

[CentOS] yum を使って gcc をインストールする。 | 僕とガジェット

# yum install gcc
# gcc -v